脱腸・そけいヘルニアの原因

脱腸・そけいヘルニアの手術「楽クリニック」

脱腸の基礎知識

脱腸の治療方法

脱腸専門「楽クリニック」のご案内

  • 楽クリニックのご案内
  • 院長先生はどんな人?
  • 診療時間を確認
  • 手術の予約状況を確認
  • アクセスマップ
  • お問合せ
  • リンク集
  • サイトマップ

楽クリニックは脱腸の日帰り手術が可能な専門クリニックです。大阪、和歌山、関西方面だけでなく遠方からお越しの方には宿泊施設もご案内可能です。

脱腸は入院せずに治す > 脱腸 > どうして脱腸になるの?

どうして脱腸になるの?

脱腸は男性に多い病気です

脱腸になった人の9割が男性

脱腸は、ほとんどが男性による発症です(「大腿ヘルニア」 というヘルニアを除く)。これは、男性の「そけい部」の生まれつきの構造によるもので、筋膜があまり強くないからだと考えられています。

成人よりも小児期になりやすい

脱腸は、小児期(子ども)に先天的に発症します。これは母体にいる段階で、既に脱腸を抱えているケースが多いからです。

成人になってからの脱腸は、加齢による筋膜の弱体化等が原因となって発症するケースが多いようです。成人になってからの脱腸は、肥満や筋肉の低下などにより、もともとあった先天的な原因の部分が悪化してでてくることがあります。

また、仕事で重いものをもったり、喘息、前立腺肥大など、おなかに強い力(腹圧)がかかることにより脱出する部分が大きくなり症状が出るかたもおられます。もともと症状がなかったが、乗馬や事故などで腹圧がかかることによって症状が出てきた方もおられます。

高齢者では、先天的なものとはまったく違い、腹壁や筋肉がよわくなってふくれてくることもあります。 事故にあった方、ヘルニアの発症が事故が原因だと相談にこられた方がおられます。

上に戻る

脱腸になりやすい人って?

成人になっても、先天的に脱腸(そけいヘルニア)になる要素を持っている人もいますが、成人の場合は脱腸になりやすい職業があるので要注意です。

加齢が原因で起こるケース

年齢的とともに筋肉やお腹の壁が弱くなり飛び出てくるケースです。

咳をよくする人、喘息持ちの人、便秘症や排尿障害のある人はご注意下さい。

職業が原因で起こるケース

職業が原因で脱腸が起こるケースも報告されています。
特に、頻繁に重いものを持つことがある職業の方はご注意下さい。
 
重いものを持つ職業、立ちっぱなしの職業、吹奏楽器の演奏者、瞬発力を求められるスポーツ選手などはご注意下さい。

上に戻る

脱腸(そけいヘルニア)の基礎知識

脱腸・そけいヘルニアの手術「楽クリニック」

Copyrigt(C) 楽クリニック All right reserved