脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術と費用

脱腸・そけいヘルニアの手術「楽クリニック」

脱腸の基礎知識

脱腸の治療方法

脱腸専門「楽クリニック」のご案内

  • 楽クリニックのご案内
  • 院長先生はどんな人?
  • 診療時間を確認
  • 手術の予約状況を確認
  • アクセスマップ
  • お問合せ
  • リンク集
  • サイトマップ

楽クリニックは脱腸の日帰り手術が可能な専門クリニックです。大阪、和歌山、関西方面だけでなく遠方からお越しの方には宿泊施設もご案内可能です。

脱腸は入院せずに治す > 脱腸の治療方法 > 脱腸手術と手術費用について

楽クリニックの脱腸手術と費用について

楽に脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術が受けられるよう、
手術前はわかりやすい説明を心がけています。

手術は10年来、新人外科医にヘルニアの指導を行ってきた院長が行います。

最新の治療を取り入れています

アメリカのヘルニア専門手術センターの方法を取り入れている、執行(しぎょう)クリニック(東京)宮崎外科・ヘルニアクリニック(北海道)勝本外科日帰り手術クリニック(九州)いまず外科(中部地方ヘルニア手術指導施設)山本醫院(中国地方)など、全国のヘルニア手術の専門家と常に情報交換し、最新最高の治療を提供できるよう心がけております。

脱腸手術の費用について

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)手術費用の目安です。下の金額はあくまでも目安です。病状や2人部屋、個室入院ではこの金額に部屋代が加算されます。

  手術の費用 保険使用3割負担の場合
日帰り手術 約15万円 5〜6万円
入院 約25〜30万円 6〜7万円+(約1万×入院日数)

上に戻る

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術方法について

昔からの手術方法(バッシーニ法)

昔からの脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術方法は、飛び出してくる部分を切って、周りの筋肉やスジで飛び出てこないようにふたをします。無理やり筋肉やスジを寄せるので、痛みを伴うため、手術のあとに安静が必要です。

楽クリニックの手術方法(クーゲル法)

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術方法(クーゲル法)

近年開発された手術方法(メッシュ・プラグ法)の場合、飛び出てくる部分に人工の膜(メッシュ状のプラグ)を張り合わせます。特殊な手術材料を使うため手術の後に抜糸の必要がなく、手術の直後から歩けます。

人工の膜(ポリプロピレンメッシュ)は40年ほど前から使用され、世界で120万個以上の臨床使用の実績があり、体内使用の安全性は確立されています。

当クリニックでは、クーゲル法で脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術を行っています。

このメッシュ・プラグ法はリヒテンシュタイン法、クーゲル法・ダイレクトクーゲル法といった派生法もあります。脱腸の場所や程度によって使い分けます。

▼当クリニックで使うクーゲルパッチ(メッシュ状の人工補強材)

クーゲルパッチ(メッシュ)の材質イメージ

脱腸の手術は最新の麻酔で行います

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術中目が覚めていると、痛みや不安によりストレスがかかります。最新の麻酔方法により、眠った状態で脱腸(そけいヘルニア)の手術を行います。

楽クリニックは患者様を第一に考え、最新の麻酔を採用しています。

上に戻る

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術前の生活と注意点

  • アルコールは3日前から禁酒してください。
  • 肝臓の血液検査の悪い方は、特に手術がきまったらすぐ禁酒してください。出血しやすくなります。
  • 血液をさらさらにするお薬(抗凝固剤)は、自己判断で止めないでください。
  • 手術前に、自宅で毛剃り(剃毛)はしないでください。化膿しやすくなります。
  • 喫煙される方は、1週間前から禁煙してください。1日6本以上吸われるヘビースモーカーの方は、手術中に咳がひどくでることがあります。

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の手術後の生活と注意点

  • 痛みが、自制内であれば翌日からよく動いてください。散歩もかまいません。
  • 痛みは、体を動かすときに出ます。術後から飲み薬や座薬をしっかりつかっておくと早く痛みは軽くなります。
  • 食事は普段通り食べてください。飲酒、喫煙は7〜10日後から大丈夫です。
  • キズのまわりが腫れることがあります。3〜8週間ほどで引いてきます。鼠径部が硬く腫れることもあります。
  • 腫れが引いた後は、傷口が硬く触れることがあります。キズ口は、溶ける糸で縫っているため、抜糸は必要ありません。3ヶ月くらいすると柔らかくなってきます。
  • 内出血を起こした場合は、キズのまわりから陰嚢や陰茎(ペニス)にかけて赤紫色になりますが、徐々にうすくなり、2〜3週間で自然に吸収され消失します。
  • 翌日から入浴はかまいません。
  • 高熱がでる、傷口が赤く腫れる、出血が止まらない、起き上がると鼠径部が腫れる(再発)、激痛が収まらないなどは、異常なサインです。迷わずご連絡ください。再発の場合は、早期に再手術が必要です。

上に戻る

脱腸(そけい鼠径ヘルニア)の治療

脱腸・そけいヘルニアの手術「楽クリニック」

Copyrigt(C) 楽クリニック All right reserved